下関市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院 燦花~さんか~

090-3171-4274

ブログ

2016/10/18(火)

ストレスと腰痛6 最終回「ストレスに打ち勝つ事はできるのか?」

カテゴリー:ストレス

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-23-58-04
From 江山裕城
自宅のデスクより・・・

 

こんばんは。
下関で唯一の【慢性腰痛】専門
整体院 燦花の江山です。
%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8-%ef%bc%88%e5%b0%8f%ef%bc%89
本日も当院のブログへお越しいただき、
ありがとうございます。

 

さてさて、今回も前回から引き続き、
ストレスと腰痛についてみなさんに有益な情報をお伝えできればと思います。
今回で「ストレスと腰痛シリーズ」は最終回です。

 

前回はストレスの反応についてお伝えしましたので、
今回はストレスへの対処方法をお伝えします。

 

 

ストレスに打ち勝つことはできるのか?

 

 

結論から言うと・・・

 

 

「100%できません」

 

 

これは仕方ないことです。
人間生きていれば必ず嫌なこともありますし、
良いことがあったとしてもストレスとして捉えることもあります。

 

先ほど言った通り、ストレスに打ち勝つ方法はありません。

しかし、ストレスを消す方法はあります。

人間には脳に情報を伝えるための神経伝達物質という物質があります。

 

人間は神経伝達物質が脳に伝わる時にストレスを感じるらしく、
それを抑える役目を果たしてるのが「セロトニン」と「涙」です。

 

セロトニンは別名「幸せホルモン」とも言われていて
ストレス緩和にはとても大事なんです。

 

泣いた後ってスッキリしますよね?
これはストレスの処理がされた証拠なんです。

 

ただセロトニンは「必須アミノ酸」といって食べ物からしか
摂取できない栄養素「トリプトファン」をもとに作られます。

 

「トリプトファン」を多く含む食品は
動物性たんぱく質といわれているので
肉類、魚類を多く摂取するといいでしょう。

 

特にレバーはとても多く含まれているので、
これを食べてセロトニンを増やしましょう。

 

セロトニンには他の作用もあって、
・姿勢を良くする。
・アンチエイジング効果
など、痛み以外にも期待できます。

 

ちょっと長くなりましたが、
まとめると、「泣く」と「セロトニンを増やす」事で
「精神性腰痛」は改善されるでしょう。

 

今回でストレスシリーズは最終回です。

 

次回からは食事についてお伝えしますので
お楽しみに(^^)

 

それではこれで終わりにしようと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-3171-4274

受付時間:9時〜19時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時~19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。