下関市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院 燦花~さんか~

090-3171-4274

ブログ

2016/11/06(日)

とっても大切な食事の話③「腰痛が必須アミノ酸で改善する?」

カテゴリー:腰痛, 食事

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-13-42-20
From 江山裕城
治療院のデスクより・・・

こんにちは!
下関で唯一の【慢性腰痛】専門
整体院 燦花の江山です。
%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8-%ef%bc%88%e5%b0%8f%ef%bc%89

本日も当院のブログへお越しいただき、
ありがとうございます。

 

さてさて、今回も前回から引き続き、
食事と腰痛にについて、みなさんに有益な情報をお伝えできればと思います。

 

前回は炭水化物についてお伝えしました。

 

今回はタンパク質についてお伝えします。

前回お伝えした「炭水化物」は主に体のエネルギーになる栄養素ですね。
多すぎるエネルギーは前回お伝えしたようなことを引き起こします。

今回お伝えする「タンパク質」は体を作っている栄養素です。
タンパク質は不足しがちですが、びっくりするくらい大切な栄養素です。

それは人間の体は、「ほぼタンパク質でできている」と
言ってもいいくらいだからです。

そしてタンパク質は種類がとっても多く、
現在知られている数でも数億種類あるとも言われてます。

数億種類あるタンパク質ですが、ある程度体内で合成されて作られます。
しかし、中には食べ物からしか取り入れられないタンパク質があります。
これを『必須アミノ酸』と言います。

 

『必須アミノ酸』は8種類あって、それぞれ役割が決まっています。

1.バリン
筋肉の増強や疲労回復に効果があり
精神機能や運動機能も上げてくれます。

2.ロイシン
バリンと同じ効果があり
それに加え肝機能障害から来る
食欲不振の改善にも効果があります。

3.イソロイシン
バリン、ロイシンと同じ効果があり
運動中の疲れを軽減してくれます。

4.リジン
抗体やホルモン、酵素を作る時に
必要で怪我をした時の傷の修復を
早めてくれます。

5.トリプトファン
神経伝達物質の材料となり
精神を安定させる役割があります。

6.メチオニン
葉酸(ようさん)と一緒に
大腸ガンなどから身を守ってくれますし
うつ病の改善にも一役になってます。

7.ヒスチジン
間脳(かんのう)にある満腹中枢を
刺激して少ない食事でも満腹を得られる
役割を果たしますしリウマチの改善にも
役立ちます。

8.スレオニン
肝機能障害に対しては絶大な
効果があると言われています。
そして子供の成長にも欠かせない
栄養素です。

 

ちなみに1~3を合わせてBCAAとも言います。
筋トレをする人は聞いたことがあると思います。

必須アミノ酸はとっても大事だと
いうことは分かってもらえましたか?

 

これは腰痛改善にも効果的で、
効率よく必須アミノ酸を食べる事で
内側から予防してくれます。

 

僕らが治療する時間はせいぜい
長くても1時間だとすると残りの23時間は
自分で何かをしないといけません。

 

その手段が食事です。
何故なら食事は毎日必ず取りますよね?

だったら食事のついでに、
何でも好きなものを食べるのではなく、
少しでも食べるものに気を使って見ては
いかがでしょうか?

 

何を食べれば良いのかは
次回からお伝えしていこうと思います。

それではこれで終わりにしようと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-3171-4274

受付時間:9時〜19時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時~19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。