下関市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院 燦花~さんか~

090-3171-4274

ブログ

2016/11/15(火)

新シリーズ!脊柱管狭窄症①「しばらく歩いていると、しびれや痛みが出てくる」

カテゴリー:慢性腰痛, 脊柱管狭窄症, 腰痛

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-2-00-55
From 江山裕城
自宅デスクより・・・

こんばんは。
下関で唯一の【慢性腰痛】専門
整体院 燦花の江山です。
%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8-%ef%bc%88%e5%b0%8f%ef%bc%89

本日も当院のブログへお越しいただき、
ありがとうございます。

 

さてさて、今回から新シリーズが始まります。
「脊柱管狭窄症」について
みなさんに有益な情報をお伝えできればと思います。

 

今回は最初なので、「脊柱管狭窄症」について、
大まかにどういう病気なのかをお伝えしようと思います。

 

脊柱管狭窄症とは・・・
背骨からなるトンネルのような空洞(脊柱管)が
狭くなってしまって(狭窄)、それが原因で
痛みやしびれなどの症状を引き起こす病態です。

 

トンネルが狭くなる理由としては、
生まれつき狭くなっている場合もありますが、
ほとんどは老化が原因と言われています。

 

老化によって
・背骨がずれる(変性すべり症)
・背骨の靭帯が厚くなる(黄色靭帯の肥厚)
・背骨が変形する(変形性脊椎症)
・椎間板が潰れる(椎間板症)

などが起こることで脊柱管が狭くなります。
それが原因で神経を圧迫してしまいます。

 

神経を圧迫するという点でヘルニアと同じような
気がしますが、実は少し違います。

その違いの確認方法としては、ある症状があるかどうかで
簡単に確認できます。

 

その症状とは・・・
『間欠性跛行(かんけつせいはこう)』です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-1-53-33

どのような症状かというと、
歩いていると徐々に腰から片足にかけてしびれや痛みが出てきて
歩くのが辛くなり、座ったりかがんだり前屈みの姿勢で休憩すると
痛みしびれがなくなり、何もなかったようにまた歩けるようになる。
といったものです。

 

どうして前屈みの姿勢で休憩すると痛みしびれがなくなるのか?
それは、前屈みの姿勢をとると一時的に脊柱管の狭窄が緩むので
脊柱管狭窄症の方は前屈みの姿勢を無意識に取るのです。

 

「間欠性跛行」は脊柱管狭窄症かどうかを判断するのに
ポイントとなる症状なので、僕はこの症状があるかないかで
だいたい判断しています。

 

今回は脊柱管狭窄症について大まかにお伝えしました。。
次回からさらに詳しくお伝えしていきますので、お楽しみに(^^)

 

それではこれで失礼します。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-3171-4274

受付時間:9時〜19時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時~19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。