下関市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院 燦花~さんか~

090-3171-4274

ブログ

2016/11/17(木)

脊柱管狭窄症②「狭窄症の施術において重要な部位とは?」

カテゴリー:慢性腰痛, 脊柱管狭窄症

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-2-23-21
From 江山裕城
自宅のデスクより・・・

こんばんは。
下関で唯一の【慢性腰痛】専門
整体院 燦花の江山です。
%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8-%ef%bc%88%e5%b0%8f%ef%bc%89

本日も当院のブログへお越しいただき、
ありがとうございます。

 

さてさて、今回も前回から引き続き、
脊柱管狭窄症について、みなさんに
有益な情報をお伝えできればと思います。

 

前回は大まかに脊柱管狭窄症についてお伝えしました。
脊柱管という神経が通るトンネルが部分的に狭くなり
しびれや痛みを引き起こすということでしたね。

 

今回は狭窄症の治療において「ここは重要!」
という身体の場所についてお伝えします。

 

その重要な部位とは・・・

 

「仙腸関節(せんちょうかんせつ)」です。

 

この部位は何度も紹介したことがあるのですが、
それほど本当に重要な部位となります。

 

なぜ、仙腸関節が脊柱管狭窄症において
重要な部位となるのか?
それは構造的な問題があるからです。

 

脊柱管狭窄症の方は前かがみの
姿勢をとると楽になります。

 

そうすると前かがみの姿勢をとる事が多いので
背骨から骨盤まで様々な影響が出てしまいます。

 

その中でも特に骨盤が後ろに倒れる「後傾(こうけい)」
という状態になってしまいます。

 

こうなると仙腸関節への負荷が
とても強くなってしまい、痛みとして出て来るのです。

 

実際、僕が脊柱管狭窄症の方を
診るときは、まず仙腸関節から
アプローチして負担を軽減させます。

 

そして仙腸関節が緩むと全身の筋肉が
緩むので回復に向かいやすいです。

 

やはり緩めることが大事なので
以前お伝えした方法を参考にやってみてください。

(仙腸関節についてお伝えしたブログはこちら)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「関節を動かせますか?」

 

仙腸関節は本当に大事な部位なので
ぜひこの方法を試してください。

 

それではこれで失礼します。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-3171-4274

受付時間:9時〜19時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時~19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。